【第7話】モスキートゲート(創作ストーリー)

【第7話】モスキートゲート(創作ストーリー)
目次

Fランクハンターはつらいよ…

モスキートハンターの依頼内容は、大きく分けると2つに分類される。

1つは地球に侵入してきた蚊を撃退すること。

これは主にBランク以下のハンターでチームを組んで行うことが多い。ハンターが連携を取ることで、殲滅力が飛躍的に上がる。単独で蚊を撃退するよりも、圧倒的に効率がよい。

依頼内容を細分化するのであれば、調査団・研究者の護衛を行うこともある。モスキートゲートの調査が安全に行えるように、ハンターが研究者たちを守るのである。

もう1つは、モスキートゲート内の調査だ。

覚醒者になると、ゲート内部に入ることができるようになる。覚醒者以外はゲート内部に入ることはできず、覚醒者だけがゲートの内部を調べることができる。

覚醒者以外がゲートを通ろうとしても、強力な壁に阻まれているかのようになり進むことができない。なぜ覚醒者がゲート内部に入れるのか、理由はまだ解明されていない。

蚊の生態を詳しく知るために、定期的にゲート内部の調査が行われた。

ゲート内部は蚊のホームグラウンド。当然のことながら危険は大きい。

ゲート内部の調査に行けるのはBランク以上。基本的にはAランクメンバーでチーム編成され、Bランクでさえ荷物持ちの役割しか与えられない。

蚊を単独で複数体撃退できるBランクでさえ、ゲート内部の環境では荷物持ちが精一杯ということだ。

例外的に、覚醒者になった研究者がゲート内部に入ることがある。研究者のために、自らを実験体として捧げ、覚醒者になった者たちだ。

モスキートゲートの調査は危険を極めるため、思うように研究が進まない。そのため研究者自ら強さを手に入れて、研究を進めようとするケースも珍しくない。人類の存亡がかかっていることもあり、合理主義者の研究者であっても、なりふり構ってはいられない。

研究者が覚醒者になった場合、仮にFランクだとしてもゲート内部の調査に赴くことがある。知識のある人間がゲート内部に直接行くことで、研究が早く進むことが期待されている。

今までの傾向から分かってきたことは、蚊の軍勢は、ひとつのゲートから無限に出てくるわけではない。ゲートによっても異なるが、蚊を殲滅し続けると、あるタイミングから出てこなくなる。

専門家によると、Aのゲートには100匹、Bのゲートには300匹、Cのゲートには500匹のように、ゲートごとに配備される蚊の数は決まっているのではないかという話であった。

つまり蚊にも、人間の軍隊のように指揮をする個体がおり、その個体がゲートごとに戦力を振り分けていると考えられる。ゲートの向こう側には、高い知能を有した個体がいる可能性が高い。

どの程度の知能を持っているのか。そして、知能を持った個体はどれくらいいるのか。ゲート内の情報が乏しく、正確に把握できていない。

相手の具体的な戦力が不明のまま、手探りで巨大な蚊の軍勢と戦っている状況だ。

このままでは、次第に現場で戦っているハンターも消耗していき、ジリジリと押し切られてしまう。そんな危機感が世界中に蔓延していた。

人類が存続するためには、相手の戦力や弱点を正確に把握して早急に対策を立てていかなければいけない。多くのモスキートハンターは、各々の目的を達成するために日々全力で依頼に取り組んでいた。

そんなハンターのなかでも悟は特に努力をしていた。自身の能力を磨くことに余念がなく、Fランクハンターの視点から蚊への対抗策も人一倍考えていた。

今回、悟に割り振られた依頼は物資の輸送だ。今いる基地と前線との中継地点に、武器や薬などの救援物資を運ぶ。

本来、物資の輸送はEランクが行うことが多い。中継地点までとはいえ前線に近づくことになるため、物資を運ぶ輸送者は蚊から狙われやすい。避難誘導よりも危険性は高くなる。

しかし、今回集まったEランクの数が想定よりも少なく、Fランクの中でもキャリアがある悟が物資の輸送に配置された。

輸送者にはDランクハンターが護衛に入り、中継地点には高ランクハンターが配置されている。最近は輸送の依頼で大きな被害は出ていないこともあり、今までの依頼よりも危険度は高いものの悟自身も「大丈夫だろう」と考えていた。

悟が輸送者に乗り込むと、蚊を撃退するための高性能な武器がズラッと並んでいた。

蚊には、小型の拳銃では全くダメージを与えることができない。さらに、超高速で空を縦横無尽に飛び回る蚊に攻撃を当てるのは困難を極める。

しかし、低ランクのハンターにとって高性能・高火力の武器は、いざというときの生命線になる。高ランクハンターのように肉弾戦で戦うことのできない低ランクハンターが、唯一蚊に対抗できる手段だからだ。

基本的には、FランクからDランクまでのハンターは、ハンター協会から支給される銃に頼って蚊と戦っている。Cランク以上になると、斧・剣・ハンマーのような武器で戦う人が増えていく。

中には肉弾戦で戦う高ランクハンターも存在する。拳で蚊を殲滅するのだ。そんな領域にいる高ランクハンターは、まさに人間離れした存在といえる。

悟はFランクハンターであるため、当然ハンター協会から支給される武器に頼っている。

巨大な蚊を撃退するための銃なので、凄まじい威力があるのだが、その反面反動も凄まじい。悟のようなFランクハンターでは銃の反動に耐えるのがやっとで、命中精度は高くない。それでも持っていないよりは、はるかにマシといえる。

Dランクにもなると、銃の反動でも大した影響は受けないようで、高確率で蚊に命中させる。仮に輸送者を蚊が襲撃してきたとしても、数が少なければ問題なく撃退できるだろう。

今、輸送車にいるハンターのなかで最も戦闘能力が低いのは悟だ。足を引っ張らないように、今まで以上に気を引き締めないといけない。悟がそんなことを考えていると、男性の呼ぶ声が聞こえた。

「おー!悟じゃないか!輸送車に配備されるなんて珍しいな」

「珍しいどころか初めてですよ」

「そうかそうか!輸送車の護衛は避難誘導よりも危険だからな。でも、Dランクハンターを中心にチーム編成されているから、比較的危険は少ないと思うぞ。あんまり心配心配しなくていい」

「そうですね。松さんがいるなら、めっちゃ心強いです。もし危なくなったら、松さんを盾にして逃げるんで」

「がはははっ!おう!任せろ任せろ!」

豪快な声で笑うこの男性は松本といい、ハンターのあいだでは『松さん』の愛称で親しまれている。Dランクハンターとして、長年依頼をこなしてきたベテランハンターだ。

身長は180cmを超えており、体格もガッチリとしている。エネルギーに満ち溢れているため、40代には見えないほど若々しい。面倒見がよく、若手ハンターを気にかけてフォローするため周りからの人望も厚い。

悟が毒島からイビられているのを見かけたら、すぐさま割って入り仲裁をする正義感溢れる人だ。兄貴肌で悟が尊敬している先輩ハンターの一人でもあった。

ランク的にはDランクだが、実力はCランクに近いと言われている。実際に単独で蚊を倒したこともある。Dランクハンターのなかではトップクラスの実力だろう。

元々は小さな会社を経営していたが、従業員全員が蚊の襲撃で殺されてしまい、ハンターになることを選んだ。

「松さんのような人格者の下で働いていた従業員の皆さんは、きっと幸せだったのだろうな」

悟は、松からハンターになった経緯を聞いたとき、心のなかでそうつぶやいた。

悟を乗せた輸送車が中継地点に向かっている最中、悟は妙な気配を察知した。

「蚊だ。蚊がいる」

「えっ!?蚊!?どこだよ」

装甲車に乗っているハンターたちに緊張感が走る。

悟が指を指す方角に小さな蚊が一匹飛んでいた。”小さな”といっても、小学生くらいの大きさはある。

遠くのところから、こちらの様子を見ているようだった。どうやら偵察の蚊らしく、輸送車を攻撃してくる素振りはない。しかし、そのまま放置もできないため狙撃で撃墜を試みる。

「ちょっと距離があるけど、いけると思います」

そう言って狙撃が得意なハンターが銃を構える。

偵察の蚊は小さく小回りが利くので、狙撃の難易度が高い。銃はパーンッ!と大きな音を発し、反響した音が車内に響き渡った。

高火力で発射された弾は、見事蚊に命中した。すさまじい反動をものともせず、一発で蚊に命中させたハンターを間近で見た悟は「すごい」と感動した。

「さすが速見!狙撃の名手だな!!」

「銃の音より松さんの声のほうがデカいですね」

「がはははっ!相変わらず愛想のないやつだ!だが、そこがいいぞ!」

狙撃を成功させたハンターは速見。悟は初対面だったが、すぐに名前を覚えた。身長は165cmほど。年齢は20代中盤くらいだろうか。無愛想ではあるが、職人気質で仕事はキッチリ行うタイプだというのが伝わってくる。

悟は、松と速見のやりとりを見て、二人が信頼し合っているのを感じた。

松は経営者をやっていたこともあり、人を見る目がある。松と仲が良いということは、速見は信頼できる人なのだろう。悟はそう思った。

Fランクの悟は、ハンターが直接蚊と戦うシーンを見る機会は少ない。避難誘導をして自分も現場から離れることが多いからだ。

今回の依頼は、貴重な体験になるかもしれない。悟は、そう強く感じるのであった。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次