【第4話】モスキートゲート(創作ストーリー)

目次

親しい存在には逆に言いづらいこともあるわけで

モスキートゲートには、いくつか不可解な点がある。

まず出現する場所。モスキートゲートの出現は人口が多い都市部に集中しており、人口が少ない地方・田舎に出現する確率は低い。

もちろん、出現する確率はゼロではない。田舎や地方都市にもモスキートゲートが出現することはある。しかし、確率は都市部のほうが圧倒的に高い。

蚊は効率よく人間を捕食するために、人口が集中している都市部に出現するのではないか。それが一部の研究者の仮説だった。

都市部に住む人のなかには、襲撃リスクの低い街に移住するケースも増えてきている。移住が加速してしまうと移住先の人口が増えてしまうので、モスキートゲートの発生率が上がってしまうかもしれない。

人口の少ない都市では都市部と比べて防衛力が弱いので、モスキートゲートが発生してしまうと、対応が遅れて被害が拡大する恐れがある。

田舎・地方都市に住む人たちは「できれば移住して来ないでほしい」と思っている。ただ、移住する人たちも命がかかっているため「お願いだから移住させてほしい」という切実な状況だ。

結局、身を守るために移住する人たちを止めることもできず、日本全体にジレンマが生まれている。

逆に田舎・地方都市に住んでいる人が都市部に移動することは少ない。地方・田舎に住んでいる人たちは高齢者も多く「どうせ死ぬならずっと住んできた場所がいい」と考える傾向があるためだ。

そういった背景もあり、地方で農業を営んでいる人たちが農作物を作り続けてくれるので、都市部への食料供給はなんとかなっている。

しかし状況次第では、いつ食料供給がストップしてもおかしくない。絶妙なバランスの上で、なんとか今の生活が成り立っている状況だ。

その事実にみんな気づいているが、何か解決策があるわけでもない。どうしようもない現実を見ないようにして、毎日騙し騙し生活をしている。

そんな状況を一刻も早く終わらせなければいけない。モスキートハンターが背負っている使命は、想像以上に大きい。

悟たちが依頼の集合場所に着くと、見知った顔のハンターを見かけた。

「おーい!悟じゃないか!」

悟は少し離れたところから聞こえる男性の声に反応した。遠くからでも聞こえる大きくて力強い声。その声を聞いて悟の表情があかるくなる。

「おじさん!」

「そうそう。俺はもう38歳だし、おじさんだよな……ってやめんかい!たしかにおじさんかもしれないけど、おじさん言うな!谷繁お兄さん、もしくはマサ兄と呼べ!」

軽快にノリツッコミをしているこの男性は、谷繁正勝(たにしげまさかつ)。14年前、悟と綾が蚊に襲われたときに窮地を救った警備員の男性だ。

頭の側面の髪を刈り上げ、前髪をオールバックにして無精髭を生やしている。背は低めだが、ガッチリとした体格で頼もしい印象を与える。モスキートゲートが発生した14年前と比較して、別人のような屈強な体を手に入れていた。

あかるく会話をする悟とは対象的に、マサの気配を察知した瞬間、綾はどこかに隠れてしまった。悟には、その理由が手に取るように理解できた。

母親が蚊に殺されたあと、悟と綾は孤児院に入れられた。周りに頼れる人もいない。兄妹で支え合っていくしかなかった。二人は肩を寄せ合いながら、慣れない環境と淋しさから毎日のように泣いていた。

二人はモスキートゲートが現れてから絶望的な気持ちを幾度となく味わってきたのである。そんなとき、マサは二人を気にかけて頻繁に孤児院に通っていた。

マサがいなければ、悟も綾も生きてはいない。そのことは悟も綾も理解はしていたが、幼い二人には、母親を見捨てられたという事実がなかなか受け入れられなかった。

悟と綾は、自分たちが死んだとしても母親と一緒にいたかったのである。

悟と綾の母親が亡くなってから、マサは幾度となく二人を支えてきた。最初は母親を見捨てたマサを恨んでいた二人だが、マサの気持ちが伝わり、次第に心を開いていった。

年齢が上がるにつれて、悟と綾は、あのときマサがどれだけ勇敢なことをしてくれたのか理解できるようになっていった。本来、助ける義理もない赤の他人を命がけで救ってくれたのである。

悟と綾にとっては、一生頭が上がらないほどの恩を受けた人物といってよいだろう。今では二人にとって家族といってよいほど近い存在になっている。

マサとしては、孤児院に通っていたのは罪滅ぼしの気持ちが強かった。

蚊の襲撃があったとき、マサは悟と綾を助けることを優先して二人の母親を見捨てる決断をした。マサによって救われた二人は、外の安全が確認できるまでビルの中に閉じ込められた。

悟と綾は「お母さんを助けに行く」と泣き叫び、喚き散らした。しかしマサは「ダメだ。君たちを行かせるわけにはいかない。俺が憎いなら恨んでくれてもいい」と言って二人を必死に説得した。

頭では正しいことをしたと思うものの心のどこかでは「二人の母親を助けられなかった」という負い目があった。

罪悪感から悟と綾に親切にしていたマサだったが、二人と長い時間を過ごすうちに、心の底から大切に思うようになっていった。悟と綾にとっても、マサにとっても、お互いが”かけがえのない存在”になったのである。

そしてマサは「もう目の前にいる人を死なせたくはない」という理由でモスキートハンターになった。二人の母親を助けられなかったことがマサの人生を変えたのである。

体を鍛えハンターになり、今ではベテランのBランクハンターだ。複数体の蚊を単独で撃破する実力がある。

年齢が上がってきたこともあり、最近は前線からは退いているものの実力は健在である。今は、Cランク相当の依頼を受けることが多い。

悟とマサが戯れていると、隠れていた綾が気まずそうに顔を出してきた。

「マサ兄……ひさしぶり」

マサが困惑の表情を浮かべた。

マサは悟の肩に手を回し「悟、ちょっとこっち来い」と言って綾から離れようとした。

すかさず綾が「ちょっと待って!ちゃんと説明させて」と静止させる。

マサは「綾ちゃん、ちょっと待っててな」と言ったあと「おい、悟!一体どうなってるんだよ!」と肩を組んだまま耳元で質問をした。

「実は……いろいろありまして」

「だから、その”いろいろ”を聞いてるんだよ。この集合場所にいるってことは、綾ちゃんはハンターになったってことなんだろ?なんでそんなことになってるんだよ」

「そ、それは……」

「待ってマサ兄!お兄ちゃんは悪くないの。私がワガママを言っちゃって……」

綾の言葉を聞いてマサは「うっ」という表情をしたあとに、ガシガシと頭を掻いた。

「なんだ、その……何も相談してくれないなんて、水臭いじゃないか」

「だって、絶対反対されると思って……」

「そりゃするよ。命を落とす可能性だってあるんだから」

マサが真剣な表情で綾に訴えかけた。

「でもよ……命を落とさずにハンターになれて本当によかった。ひとまずは、それを喜ぼうか」

「マサ兄!ありがとう!!」

綾は一気に笑顔になり、マサに抱きついた。

綾はハンターになってから、ずっとマサに会うのを避けていた。綾なりに気まずい気持ちが強くあったのである。

「ところで、綾ちゃんの試験の結果はどうだったんだ?何ランクだったんだよ」

「えへへへっ、実はね……Aランクだったの」

「えっ!?なっ!?えっ!?!?」

綾の返答にマサが戸惑いの表情を浮かべた。ハンターのなかでもAランクになるのはごく一部。

マサのようにBランクハンターとして活躍してきた人物であれば、Aランクハンターのすごさをより身近に感じている。今まで可愛がっていた妹のような存在がいきなりAランクハンターになったのだから、驚きも人一倍大きい。

マサが悟をチラッと見る。その視線に答えるように、悟はゆっくりと大きく頷いた。

「…マジかよ……」

その言葉には、マサの心情が凝縮されているようだった。

「最近話題になってる18歳の女の子がAランクハンターになったって……綾ちゃんのことだったのか」

モスキートハンターをやっていると、ぽっと出の新人がベテランを一気にぶち抜いていく光景を見かけることも珍しくない。

身近にAランクハンターが誕生したことで、完全なる実力主義の世界なのだと、悟は改めて痛感していた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次