【第3話】モスキートゲート(創作ストーリー)

目次

「Gランクハンターお手洗い」の名づけ親

能力の覚醒には、遺伝的な要素も関係しているといわれている。そんな仮説が研究者のあいだで叫ばれているなか、妹の綾はAランクで兄の悟はFランク。

悟にとっては不思議な出来事であった。妹にそれだけの資質があるのであれば、自分だってもう少しランクが高くてもよいではないか。「なぜ俺はFランクなのだろうか」と考えずにはいられない。

研究者の仮説と大きく乖離がある現実に、悟はやり切れない思いを抱えていた。

そんななか、モスキートハンター協会から支給されたスマホから、依頼を知らせるための緊急アラームが鳴り響く。

「なにもこのタイミングで依頼してこなくてもいいのに」

悟がボソッとつぶやく。

モスキートハンターが依頼を受けるとき、まずは専用端末に依頼の連絡がくる。GPS機能が内蔵されており、現場近くにいるハンターにすぐさま連絡がいくようになっている。

端末に大まかな依頼内容が送られ、依頼内容を読み終えると”承諾”と”辞退”のアイコンが表示される。承諾をタップすると、すぐに集合場所の地図が送られてくる。

依頼時にハンターが集められるのは、モスキートゲートから数キロ程度離れた位置であることが多い。

数キロ離れていても一般的には十分危険エリアなのだが、それ以上距離を置いてしまうと、緊急時の対応に時間を要してしまう。そのため、多少の危険を承知でギリギリまでゲートに寄ったところが集合場所に設定される。

そして、そこに高ランクハンターも配備されて緊急の対策本部が設立されるという流れだ。対策本部は、大型のトレーラーを改造したようなもので、中には高性能なコンピュータや武器などが搭載されている。

ハンバーに支給される専用端末のスマホは、非常に高性能でさまざまな機能が内蔵されている。不測の事態が発生し、救助が必要になった場合は救難信号を協会に送ることもできる。水や衝撃にも強いので、ちょっとやそっとでは壊れない。

ハンターの生存率を上げるのに一役買ってくれている。ありがたい存在だ。

モスキートゲートが発生した場合、すぐに対応しなければ犠牲者が増えることになるので、可及的速やかに現場に移動することになる。現場近くに配備されている輸送用の装甲車の位置も表示されるので、その装甲車に乗れば集合場所までスピーディーに向かうことが可能だ。

ただ、Dランク以上のハンターになると、装甲車に乗るよりも走ったほうが早く現場に到着する。スピードを優先して現場まで走って向かう高ランクハンターが多いため、装甲車に乗るのはE・Fなどの低ランクハンターと相場は決まっている。

たまに怠け者の高ランクハンターも乗っていることはあるが、かなり少数だ。

集合場所では、ある程度のハンターが集まったらすぐさま依頼内容の説明を受けることになる。説明が終わると、ランクごとに分かれて依頼にあたる。被害を広めないために全てにスピードが求められる。

依頼内容によっては、ランクごとに集合場所が違うこともある。このあたりは状況に応じて臨機応変に対応しなければいけない。

ただ、Fランクハンターであれば、基本的にモスキートゲートに近寄ることはない。危険性が低いところで避難誘導や武器などの輸送をサポートすることになる。平たくいえば雑用なのだが、危険地帯では雑用であってもそれなりの実力が求められる。

悟は、覚醒者になっても身体能力がそれほど高くならなかった。そのため筋力トレーニング・格闘技・武道など、さまざまな方法で鍛錬を行った。

Fランクハンターであれば、蚊との直接戦闘に加わることはない。今まで格闘技や武道の経験が活かされることはなかった。もし、蚊と遭遇して戦うことになっても、気休め程度にしかならないだろう。

それでもハンターとして最善を尽くせるように、悟は努力を惜しまなかった。

身体能力うんぬんは別にして、日々努力をしている事実は、悟に自信を与えていた。その自信のおかげで、悟は現場でも冷静かつ落ち着いた対応を取ることができていた。

今回の依頼は、綾の初依頼ということもあったので、悟は一緒に装甲車に乗って集合場所に向かうことにした。綾だったら走ったほうが早いのだが、方向音痴だから道に迷うかもしれない。最初は一緒に装甲車で現場に向かったほうが安心だと悟は判断した。

悟と綾は、GPSに表示されている一番近い装甲車に乗り込むことにした。表示されている装甲車をタップすると「こちらに乗車しますか?」というポップアップが表示される。「YES」をタップすると乗車の意思を示したことになる。

ただ、発車が5分後になっているので、急いで装甲車の停車場所まで向かう必要がある。もし乗り遅れたら自力で集合場所まで行くしかない。

幸いにも、装甲車が停まっている場所まで距離的に5分もかからない。Fランクハンターの移動スピードでも間に合うだろう。

「綾!急ぐぞ!」

「ちょ、ちょっと待ってよ!お兄ちゃん!」

ちょっと待ってと言いながら、綾は余裕で悟を追い抜いていった。二人の身体能力の差が顕著に表れていた。

しかし、装甲車の位置を把握していない綾は、明後日の方向に向かいそうになる。

「綾!そこ右だ!」

「なに!?聞こえない!」

走るスピードが速すぎるせいで、風の音が綾の耳元でうるさいくらいに騒ぎ立てているはずだ。それが悟の声をかき消してしまい、綾からは悟が口パクをしているように見えているのだろう。

「ストップ!いったん止まれ!」

悟が手を前に大きく出して、ストップのジェスチャーをした。

そのジェスチャーを確認した綾は、地面が焦げるのではないかと思うほどの勢いで急停止した。

「なに!?お兄ちゃん!聞こえないよ!!」

「だから、そこ右だ……」

綾のペースに着いていけず、悟はゼエゼエと息を上げた。

「お前、速すぎだよ。ってか、俺を追い抜いたらダメだろ。道分かってないんだから」

「えへへっ、ごめん」

言葉では謝っているが、綾の表情からは反省の色が見られない。それどころかお茶目な笑顔を見せている。

その綾の表情を見て、悟は「しょーがないやつだな」と笑みをこぼした。

急いで移動したおかげで、二人は無事に装甲車に乗り込むことができた。輸送用の装甲車に乗り込むと、綾が落ち着かない様子でキョロキョロと装甲車の中を見渡す。

「へえー、中はこんな感じになってるんだね」

装甲車は、蚊の襲撃を防ぐために強化ガラスやチタン製の金属でガチガチに防御されている。そのため外から見ると物々しい雰囲気はあるが、中は意外なほど簡素な作りになっている。

人を輸送するために作られた装甲車なので、座れるように壁側に長い椅子が設置してある。ほかには立って乗る人用の手すりがあるくらいだ。余計な物を積んで移動速度を落とさないように配慮されていた。

振動でお尻が痛くなるので、もう少し衝撃を吸収する素材を使ってほしい。悟がそんなことを考えていると、装甲車に一人の男が乗り込んできた。

「あ~、めんどくせーな~」

身長190cmを超える巨体。遠目でも筋骨隆々なのが見て取れる。さらにピッチリしたTシャツが胸板の厚さと腕の筋肉を強調していた。

年齢は20代後半。短髪で髪色は明るく、ジャラジャラと指輪やネックレスを身につけている。さらに鋭い目つきでギラギラした印象を周囲に撒き散らしている。

「チッ!せめーな、もっとそっちに詰めろよ」

気だるそうに装甲車に乗り込んできたかと思いきや、漫画に出てくる”チンピラの兄ちゃん”のようにオラついている。

彼は悟と現場で何度も顔を合わせているBランクハンターの毒島(ぶすじま)。

多くの高ランクハンターが自らの足で集合場所に向かうなか、毒島は「めんどう」という理由で装甲車に乗って行くことが多い。

装甲車はいろいろなところに配備されているため、乗り合わせる確率はそれほど高くはないのだが、悟と綾は毒島と遭遇してしまった。悟は内心「今日はツイてない」と思った。

毒島が乗り込むと「出発します」とアナウンスがあり、装甲車は集合場所に向けて走り出した。装甲車は緊急車両扱いのため、サイレンを鳴らしながら猛スピードで現場を目指す。

悟は何事もなく集合場所まで着くように願っていたのだが、そんな願いも虚しく、暇を持て余した毒島がこちらにからんできた。

「おー、Gランクハンターの”お手洗い”がいるじゃん。辛気くせー車に乗り込んじまったなぁ」

皮肉たっぷりの言葉を悟にぶつけてきた。この毒島こそが”Gランクハンター”の二つ名を付けた人物であり、事あるごとに悟に嫌がらせを繰り返していた。おまけに”お手洗い”というあだ名まで追加しようとしている。

悟は、今まで嫌味を言われたとしてもできる限り気にしないようにしていた。低ランクハンターが高ランクハンターと揉めてもよいことはない。自分ひとりが我慢すればよいと判断し、ヘラヘラと「そっすね~」と言い返すだけだった。

でも今は、目の前に妹の綾がいる。妹の前でいびられるのは、悟としてもメンタル的にくるものがあった。

「ん?なんだ、見ない顔がいるな」

毒島は隣に座っている綾の存在に気づいた。

「なんだよ。お手洗いの連れか?Gランクのクセに生意気だな。なあ、お嬢ちゃん。そんなザコの隣にいないで、こっちにきなよ。Bランクハンターの俺が手取り足取り教えてやるからさ」

悟への嫌味を交えながら綾に声をかける。

毒島は、自分より下のランクを攻撃することで、自分がいかに優れた人間であるかを誇示しようとしていた。

いかにBランクハンターだとしても、上にはAランクとSランクのハンターがいる。Bランクハンターの毒島もランクの壁に苦しむハンターの一人だった。そんな毒島にとって低ランクハンターをイビることは、絶好の憂さ晴らしの機会だった。

しかし悟視点では、妹の綾にちょっかいを出してくる毒島に対して、怒りの感情が吹き出していた。あまりの怒りから思わず顔が歪んでしまう。悟が毒島に対して文句を言おうとした瞬間、遮るように綾が言葉を発した。

「結構です。話しかけないでください」

気が強い綾は、毒島に対して全く物怖じせずに対応している。綾からも怒りの感情がにじみ出ていた。

綾の言葉を聞いて、悟は冷静さを取り戻していった。

「ひゅ~、気の強い女は嫌いじゃねーけど。でも、いいのかなぁ~。Bランクハンターの俺にそんな口を利いて」

毒島は、綾がAランクハンターだとは夢にも思っていない。

普通、装甲車に乗るのは低ランクハンターばかりで、Aランクハンターが乗ることはほとんどない。悟の知り合いということもあり、同レベルのランクだと勘違いをしていた。

「ねえ、お兄ちゃん。なにあの感じ悪い人」

綾は、周りに聞こえる声で悟に話しかけた。

「お兄ちゃん?あぁ、そういうことか。お手洗いの妹ってわけね。どおりでGランクハンターなんかと一緒にいるわけだ」

「疑問は解消されましたか?では、もう私たちに構わないでください」

「チッ!兄妹共々気にいらねーな。どうせ妹もFランクなんだろ?せいぜい兄妹揃ってコソコソと陰に隠れてろよ。目障りだから」

「目障りなら、なぜ絡んでくるんですか?意味不明なんですけど。それに私はAランクなので、前線に出て戦いますよ」

「はははっ!お嬢ちゃん、嘘はいけないな。長年Bランクハンターをやっているけど、お嬢ちゃんみたいなAランクハンター見たことも……」

「先日ハンターになったばかりなので。あなたが知らないのも無理ないと思います」

食い気味に綾が被せる。すると周りのハンターがざわつき始めた。

「そういえば久しぶりに10代のAランクハンターが出たって噂になってる」「しかも女の子だって」「俺もその話聞いたわ」

綾がAランクハンターになったことは、ハンターのあいだでは有名な話になっていた。18歳の女の子がAランクの認定を受けたら、注目されるのは当然といえる。

10代でハンターになる人もいるが、やはり20代以降の割合が圧倒的に多い。10代で命のリスクを負ってハンターになろうとする人は少ないし、家族が猛反対するため、ほとんどは諦めてしまう。

「このまま生きていても仕方がない」と思うくらいの強い動機がなければ、周囲の反対を押し切ってまでハンターになろうとは思わない。経済的に困窮して一発逆転を狙う人か、悟や綾のように家族を蚊に殺された人が多くを占める。

ハンターの割合的にも、女性より男性の割合が多い。7対3ほどの割合で男性が多くなっている。

あくまで一般論にはなるが、男性のほうがリスクを好み、女性は慎重だと言われることが多い。その性格的な傾向がハンターの割合にも表れていると考えられていた。

さらにハンターになれるとしても、Aランクになれるのはほんの一握り。18歳の女の子がAランクハンターになるというのは、ハンターにとってインパクトがある出来事であった。

「いやいや!お手洗いの妹がAランクなわけねーだろ!もっとマシな嘘をつけよ」

「あまり頭がよい方ではないのですね。こんなすぐにバレる嘘をつくメリットなんてありませんよ。それに、現場に着けば嫌でも分かりますよ」

綾のあからさまな挑発に、毒島もムキになる。

「はっ!どうせ不正でもしてAランクになったんだろ?いけねーな、不正してAランクを名乗るなんてよ!」

「それ以上侮辱するなら、協会に報告しますよ」

「ぐっ……」

綾は毒島の嫌味に対して一歩も引き下がらない。しかし毒島にも面子があるので、簡単に引こうとはしない。

「目上に対してそんな口の利き方をするとは、育ちが知れてるな」

「そちらこそ根拠のないことで他者を誹謗中傷するなんて、品性を疑われても仕方がありませんよ」

「なんだと!」

毒島も一矢報いようと挑発するが、綾がことごとく反論していく。綾は気が強いだけではなく、頭もよく回るタイプだ。成績優秀だし弁も立つ。

ただ、誰彼構わず噛みつくわけではなく、理不尽なことをしてくる人に対して辛辣になるだけであった。

「まあ、いいや。俺が大人の対応をして引いてやるよ。よかったな」

いや、そもそも先に絡んできたのはそっちだろう。恩着せがましく何を言ってるんだ。悟は心のなかでツッコミを入れていた。

「ええ、本当によかったです。これ以上あなたと会話をするのは苦痛なので、もう話しかけてこないでください」

綾の発言に対して、毒島が歯をギリッと噛みしめた。言葉には出さないが怒り心頭で耳が真っ赤になっている。

毒島にとって、綾からの反論は予想外だった。

基本的に毒島は、自分よりもランクが上のハンターに突っかかることはせず、自分よりもランクの低いハンターを標的にする。ずる賢く、誰が自分よりもランクが上なのか調べたうえで嫌味を言っていた。

相手をリサーチしたうえで嫌味を言う毒島も「装甲車に高ランクハンターが乗っているわけがない」という先入観から、絡む相手を間違えてしまった。今まで逆らってくる者がいなかったため、思いどおりにならない展開に苛立ちを隠せない。

毒島は、低ランクハンターのあいだでは「イビリー毒島」と呼ばれるくらい評判が悪い。

パワーバランス的に低ランクハンターが高ランクハンターに言い返すというのは、相当な心的負担になる。高ランクハンターに睨まれると仕事がやりづらくなるので、いびられても言い返さずに我慢する低ランクハンターがほとんどであった。

毒島には”Bランクハンター”という肩書と実力があるため、低ランクハンターでは逆らうのが難しい。しかし、いびられると誰だって嫌な気持ちになるし、不満も溜まる。

いびられ続けた低ランクハンターの我慢も限界に達し、あるFランクハンターが「くそっ!イビリー毒島やつマジでムカつく!」と愚痴を言ったら、それが瞬く間に広まってしまった。悟の”Gランクハンター”と同じようなものだ。

悟が毒島を見ていると、綾が小声で話しかけてきた。

「ねえ、お兄ちゃん。あんなのがBランクハンターなの?自分よりランクが低いハンターを見下して、すごく感じ悪い。高ランクハンターが活躍できるのだって、サポートしてくれる人たちがいるからなのに。ほんと何様なんだろ」

「あんなだけど、実力はあるんだよ」

「へぇー、そうは見えないけどね」

高ランクハンターにもなると、五感が研ぎ澄まされている。悟たちの小声は毒島に聞こえていた。そのことは悟も分かっていたが、先に絡んできて妹を侮辱した毒島に対して配慮する気持ちがなくなっていた。

「そりゃ、綾から見たら誰だってそうだろ」

「そんなことないよ。私は、お兄ちゃんには物凄い潜在能力があるって思ってるよ。今はまだ眠っているだけ」

「なんだよそれ。ぜひ、その潜在能力が目覚めることを祈るよ」

「一生目覚めずに眠ったままかもしれないけど」

「いや、意味ねーじゃん」

「大丈夫だよ。眠ったままでも、私がお兄ちゃんを守ってあげるから」

「兄としての立場ないな……」

「ふふっ、別にいいじゃない。そんな小さなこと気にしなくても」

悟は、妹を守っていた立場から一気に守られる立場になってしまったのだと改めて自覚した。

「だったら、俺がピンチになったら助けてくれよな。でも、もし綾がピンチになったら、俺も全力で助けるからさ」

「期待してるね」

毒島が黙って静まり返った車内に、悟と綾の会話が響き渡る。周りのハンターたちは、先ほどのギスギスした空気を気にして口を開こうとしない。そんな空気を気にせずに、悟たちは雑談を続けた。

会話を聞かれるのは恥ずかしいと思いつつ、悟は依頼前の綾の精神状態をよくすることを優先させた。

そうこうしているうちに、輸送用の装甲車が集合場所に到着したのであった。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次