【第5話】モスキートゲート(創作ストーリー)

【第5話】モスキートゲート
目次

身近な人には、きっちり見抜かれていたわけで

「Cランク以上の依頼を受ける方はこちらに集まってください」

モスキートハンター協会の職員からアナウンスが流れた。

「綾はCランクの依頼を受けるんだろ。あっちで説明があるみたいだから、行ってきな」

「うん。お兄ちゃんは?」

「俺は別のところで説明を受けるよ。それに俺は慣れているから、どういう流れが大体分かってるし、心配いらないよ」

「そっか」

「大丈夫だよ。職員の方が分かりやすく説明してくれるから。綾は自分の依頼のことをちゃんと聞いてきな」

「うん。そうする。また後でくるね」

「おう!」

悟は、駆け足で移動する綾を見守りながら「どうか綾が無事に依頼を終えますように」と強く願った。

「あれ、マサ兄は行かなくていいの?」

「俺は、今回Dランクの依頼を受けてるからな。前線には出ない予定なんだ」

「そっか」

「でも、状況によっては”統率者”を捕縛しに行くかもな」

「えっ!?統率者!?」

統率者というのは、蚊の軍勢を率いる隊長のような蚊のことだ。ほかの蚊と比べて、ひと回りからふた回りほど大きく、戦闘力も高い。統率者の相手ができるというだけで、相当な実力がある証明になる。

前線に出ることがない悟は、じかに統率者を見たことがない。話に聞くだけで、統率者がどの程度の脅威なのかを体感しているわけではなかった。しかし、統率者と対峙したハンターは口々に「あれは別格」と言う。

「統率者の捕縛ってすごいじゃん!さすがマサ兄」

「いや、俺の場合はそうでもないんだよ。裏事情を話すと、若い頃と比べて体力が落ちてきてるから、前線でずっと戦い続けるのは結構しんどくてな。だから最初はサポートに回って体力を温存しつつ、状況に応じて統率者の捕縛に参加するっていうスタンスで依頼を受けているわけよ」

「統率者の相手ができるだけですごいよ。さすがベテランハンターは違うね~」

「確かに”ベテランだから”というのはあるかもな。ハンター歴もそれなりに長いし捕縛経験もあるから、こういう依頼が回ってくるんだろうな。でも、ほかのハンターが捕縛する確率のほうが高いから、俺は何かあったときの保険みたいなもんだな。作戦の要は、前線で戦っているハンターだよ」

基本的には一つのゲートから1匹の統率者が現れる。0匹だったことはないし、2匹以上だったこともない。

そして、その統率者を倒すとゲートが閉じることも分かっている。専門家の話では、統率者から何かしらの信号が発せられており、その信号が途絶えるとゲートが閉じてしまうのだと考えられていた。

実際、統率者を倒してから、24時間以内にモスキートゲートは消滅する。

しかし、逆に統率者を倒さなければゲートは長時間残り続ける。ゲートが残る期間は21日間。統率者が21日以上ゲート内に帰還しなくても、ゲートは閉じてしまう。

これは、蚊たちなりの防衛策なのだと考えられていた。

統率者を捕縛した際の実験では、統率者は栄養を一切与えなくても20日間程度は生存可能だということが判明している。

おそらくゲートの向こう側では、20日間は統率者が生きていると判断してゲートを残し、それ以降は死亡したと判断してゲートを閉じてしまうのだろう。これが研究者たちの仮説だった。

どのみちゲートは閉じてしまうが、21日間ゲートが残ると人類側にメリットが生まれる。ゲートがあることで覚醒者を増やすことができるからだ。

蚊の軍勢に対抗するために、戦力は多いに越したことはない。ゲートができたときは、人類側に被害が生まれると同時に戦力を補強するチャンスにもなる。

悟も綾も、そういったチャンスをつかみ取ってハンターになったわけだが、今の悟の心境は複雑だ。

自分のことであれば、多少辛いことが起こっても受け入れられる。しかし、妹の綾がハンターになったことは、まだ完全に受け入れられてはいない。

悟からすると、小さな頃からずっと一緒にいて、小さな頃のイメージが今でも頭のなかにある。「お兄ちゃん、待ってよ!」と懸命に追いかけてくる幼い妹の姿を今でも鮮明に思い出せる。

妹のほうがはるかに強くなったとしても、大切な妹であることは変わらない。

「それにしても綾ちゃん、ちょっと見ない間に大人っぽくなったよな」

マサは綾の変化に驚いていた。

悟も、兄の贔屓目を抜きに考えたとしても綾は美人だと感じていた。

顔は整っているし、スタイルもよい。今は依頼のために髪をしばっているが、普段はロングヘアーで大人っぽさを漂わせている。見た目だけではなく内面もしっかりしているからか、同性からも人気がある。

「悟、分かってんな。見た目は大人っぽくなっても、Aランクハンターだとしても、綾ちゃんはまだ18歳だ。兄貴のお前が守ってやるんだぞ。『俺なんて……』とか考えてる場合じゃないからな」

マサは、悟に対して核心を突くことが多い。悟が綾に対して卑屈気味になっていることにも気づいていた。

「大丈夫だよ、マサ兄。Aランクなんて、差をつけられすぎて比べようとも思わないよ。俺はいつもどおり綾を支えていくからさ」

「それならいいんだけどよ。俺は悟が努力してきたのを見てきたし、ハンターへの思い入れがどれだけあるかも知っているつもりだからさ。本当は高ランクハンターになって、おふくろさんの敵を討ちたかったのに、Fランクで悔しい思いもたくさんしてきただろ。それに綾ちゃんを守るっている立場から、急に追い抜かれちまったら、いろいろ思うところもあるだろうなって」

「……」

核心を突くマサに対して、悟はうまく言葉が出てこなかった。

「悟は溜め込むクセがあるから、くれぐれも無理はするなよ。何かあったら、俺を頼れよ」

マサの気遣いに涙が出そうになるのを悟はグッとこらえた。

「ありがとう。何かればすぐに相談するから」

「おう、遠慮するなよ」

悟は、マサの言葉に何度も救われてきた。マサは悟にとって最も心強い存在だった。

マサのような存在が身近にいてくれることを悟は心から感謝していた。

しかし、そんなことを思っていたときに、最も絡まれたくない人物に水を差されてしまうのであった。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次